保健所で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

MENU

保健所で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

保健所薬剤師として働く際、何を頑張ればいいのか。基本的には保健所薬剤師として働くのに必要な資格は公務員試験をパスすることと薬剤師資格だけです。

 

しかし、この二つの関門をパスした人全員が保健所薬剤師として働けるわけでは勿論ありません。この二つは受験資格に過ぎず、この後にその地域の保健所で面接なり試験なりを受けるのです。

 

場合によっては小論文などの課題を出される場合もありますし、小論文に限らず働いてからも文章を書く機会は沢山あります。でも、この小論文が書けなくて採用をもらえないという人も多いのです。

 

思えばそんなに小論文を書いたことがある、という経験を持つ人も多くないでしょうし、考えてみれば当然かもしれませんね。では、実際に考えてみたときどうやって小論文を書けばいいのか、直前になって焦りたくないですよね。

 

難しく考える必要はありません。例えば一つの文は簡潔に短く書く。句読点をむやみやたらに打たない。そして、問題に対して的確な答えを書く、主張を一貫させる。これだけ意識するだけでも文章のできは格段に変わってきます。

 

しかし、何よりも大切なのは何度も書く練習をするということです。直前になってあわてて対策を立てるのではなく早い段階である程度小論文を書けるようにしておきましょう。小論文を出す場合、地域によって問題の傾向も大きく変わってきます。

 

もしも小論文があるのであれば、自分が保健所薬剤師として働きたいと考えている都道府県の過去問などを見て傾向などを学びましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談