就職・転職前にチェック!調剤薬局の薬剤師に需要はあるのか?

MENU

就職・転職前にチェック!調剤薬局の薬剤師に需要はあるのか?

調剤薬局の薬剤師に需要はあるのでしょうか?そんな疑問が生まれました。最近では薬剤師の人数がかなり増えてきています。当然市場は飽和状態になります。そうなると調剤薬局にも応募が殺到しますよね?

 

となると、今調剤薬局で薬剤師として働くのはとても難しいのではないかと思い調べてみたのです。ですが、実際どうだったのかというと意外に調剤薬局の薬剤師の需要は安定していました。少なくとも今後数年で需要がぱたりとなくなる、なんていうことはなさそうですね。

 

病院が新しく立てばその周りに調剤薬局が立つ。そして事務員と薬剤師を募集する。基本的にはこれの繰り返しです。そして、事務員の方は結構飽和状態なのが現実なのですが、薬剤師の方は比較的簡単に就職、転職が可能みたいです。

 

人の入れ替わりが早いのか、調剤薬局自体の数が多いのか。詳しい理由は実はよく分からないのですが、新規の調剤薬局が新しくたち続けているというのは理由としては大きいでしょう。服薬指導などはどうしても薬剤師の口から行わなければなりませんし、機械化や自動化は難しいです。

 

そういうのも薬剤師の需要が安定してる要因なのは間違いないです。今後調剤薬局で薬剤師として働きたいと考えている人は、先ずは求人サイトなどで求人を探してみてください。地域にもよると思いますが、比較的求人の数は安定しているのでそんなに苦労をすることはないと思います。

 

ただ、本当に地域によりますから、就職、転職支援サイトといったツールを有効に活用した方がより採用に近づけるのは間違いないです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談