他とは一味違う調剤薬剤師の役割とは?

MENU

他とは一味違う調剤薬剤師の役割とは?

調剤薬剤師の基本的な仕事は、患者が病院で渡された処方箋を元に薬の調合を行い、患者に販売する事です。

 

当然のことながら、販売する際にはその薬の効果や副作用、服用方法についても詳しく説明します。

 

誰しも一度は風邪などで病院に行き、その後調剤薬局で薬をもらった経験があると思いますので、想像がつきやすいのではないでしょうか。

 

一見すると調剤薬剤師の仕事は、病院の医師が作成した処方箋の内容に従って、ただ薬を調合し患者に渡すだけで、調剤薬剤師自身が何かを考えて薬の調合や販売をしているわけではなく、ただただ医師のいいなりのように見えてしまうかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

病院の医師も一人の人間です。

 

どんなに優秀と言われている医師でも、日々の仕事が重なったりして疲れが残っていたり、睡眠不足な状態であることも決してないとは言えず、常にベストパフォーマンスで仕事にあたるということは難しいことです。

 

もちろん常に体調を整え、ベストパフォーマンスを発揮するために自己管理する事はプロとして当然のことかもしれませんが、人間誰しも何をするにも100%というわけにはいきません。

 

結果として、症状を見ても病気を間違えて診断したり、その病気に最適な薬を処方できなかったりすることも、限りなく0%に近いかもしれませんが、100%無いとは言い切れないのです。

 

そんなときに最後の砦となるのが調剤薬剤師であり、調剤薬剤師のもっとも重要な役割です。

 

調剤薬剤師はただ患者が持ってくる処方箋の内容に従って薬を調合しているわけではなく、患者から症状を聞き、本当にその処方箋の内容が正しいものなのか、薬が患者の手に渡る直前の立ち位置でしっかりとチェックするという仕事を担っているのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談